りなぱそ


りなぱそ
Linux特にubuntuを中心にPCをいじります。たまにWindowsも。基本トライ&エラー。失敗しても泣かない。

最新の記事

Ubuntuの高速化(ramdiskを活用) 画像
07月17日

【概要】ハードディスクよりも高速なramdiskを作って、その中にアクセスが頻繁にアクセスが発生するディレクトリを入れます。

【説明】puppy linuxみたいにオンメモリで動作すれば最高なのですが、さすがにメインで使うパソコンだと容量が足りない。というわけで頻繁にアクセスが発生するディレクトリを見つけて、そのディレクトリのみをramディスク上で動かそうという試みです。
ただしramディスクは、システムをシャットダウンすると消えてしまいます。そこでシステム起動時に対象となるディレクトリをramディスクへコピー、シャットダウン時にramディスクへコピー(退避)させてあげます。元々のディレクトリには、ramディスクへのシンボリックリンクを貼ってあげげます。
やりたいことの概要

最終的には以下に示すようなディレクトリ構成になります。

/home/ramdisk(ramディスク)内に実ファイル
ディレクトリ(ramdisk)


元のディレクトリ(ここでは/home/(ユーザ名)/.mozilla)には/home/ramdisk/mozillaへのシンボリックリンク
ディレクトリ(mozilla)


起動時にramディスクへコピーする為のディレクトリ(ここでは/home/ユーザ名/.org-mozilla)
ディレクトリ(org-mozilla)


なお、本手順に関しては「さとーC++ぶろぐ」様の記事「Ubuntu 8.04 USBメモリインストールでの高速化(ホームディレクトリRAMディスク化)」を参考にさせていただきました。


【手順1】2分以内に/homeディレクトリ内で更新されたディレクトリを調べます。(ここでは仮に/home/(ユーザ名)/.mozillaへのアクセスが多かったものとして説明します)
$sudo find /home -mmin -2 -print

【手順2】ramdiskを作成します。sudo gedit /etc/fstabでテキストエディタでfstabを開けるので、そこにtmpfs /home/ramdisk tmpfs defaults 0 0と追記します。
$sudo gedit /etc/fstab
------------------------------------------------------
tmpfs /home/ramdisk tmpfs defaults 0 0
------------------------------------------------------

【手順3】再起動します。ここでちゃんとramディスク(/home/ramdisk)が出来ている事を確認します。

【手順4】ramdisk上にディレクトリを作成します
(Ramdisk上のディレクトリ)
$sudo mkdir /home/ramdisk/mozilla
(保管ディレクトリ)
$sudo mkdir /home/(ユーザ名)/.org-mozilla

【手順5】作成したディレクトリにデフォルトフォルダからファイルをコピーします
(Ramdisk上のディレクトリ)
$sudo rsync -a /home/(ユーザ名)/.mozilla/ /home/ramdisk/mozilla/
(保管ディレクトリ)
$sudo rsync -a /home/(ユーザ名)/.mozilla/ /home/(ユーザ名)/.org-mozilla/

【手順6】ディレクトリに権限・所有者の設定をします
(Ramdisk上のディレクトリ)
$sudo chown -R (ユーザ名):(ユーザ名) /home/ramdisk/mozilla
$sudo chmod 755 /home/ramdisk/mozilla
(保管ディレクトリ)
$sudo chown -R (ユーザ名):(ユーザ名) /home/(ユーザ名)/.org-mozilla
$sudo chmod 755 /home/(ユーザ名)/.org-mozilla

【手順7】デフォルトフォルダをリネームします
$sudo mv /home/(ユーザ名)/.mozilla /home/(ユーザ名)/.mozilla-BK

【手順8】Ramdiskへシンボリックリンクを貼ります
$ln -s /home/ramdisk/mozilla /home/(ユーザ名)/.mozilla

【手順9】起動時に(保管ディレクトリ)→(Ramdisk上のディレクトリ)へ書き込み出きるように設定ファイル(/etc/init.d/mountall.sh )に追記します

$sudo gedit /etc/init.d/mountall.sh
----------------------------------------------------------
do_start
/usr/bin/rsync -a /home/(ユーザ名)/.org-mozilla/ /home/ramdisk/mozilla/
;;
----------------------------------------------------------

【手順10】シャットダウン時に(Ramdisk上のディレクトリ)→(保管ディレクトリ)へ書き込み出きるように設定ファイル(/etc/init.d/umountfs )に追記します

$sudo gedit /etc/init.d/umountfs
----------------------------------------------------------
stop)
/usr/bin/rsync -a --delete /home/ramdisk/mozilla/ /home/(ユーザ名)/.org-mozilla/
do_stop
/usr/bin/rsync -a --delete /home/ramdisk/jd/ /home/(ユーザ名)/.org-jd/
----------------------------------------------------------
現状特にエラー等の問題は発生しておりません。
設定後の体感ですが、若干起動が速く感じられます。まあもともとメモリ5G程積んであるので、遅いとは感じていなかったのですが…。
コメント:0 | トラバ:0

<<Ubuntuについて所感 | HOME | Ubuntuについての所感その2>>



無料で携帯用ブログを登録


写真付きプロフィール >>>

ユーザー管理画面ログイン

Powered By DTIブログ